ツラミタンネックザブトン肩ロースリブロースサーロインランプイチボ前バラヒレシャトーブリアンシンタマ内モモテールウデミスジ
ツラミタンネック肩ロースザブトンリブロースサーロインランプイチボ前バラヒレシャトーブリアンシンタマ内モモテールウデミスジ

牛肉の部位
「ツラミ」ってどんなお肉?

風味

あっさり
濃厚

脂質

少ない
多い

肉質

硬い
柔らかい

カロリー

低い
高い
0 kcal / 100g

牛のほっぺのお肉!栄養豊富で美容にも良い!🐮

ツラミは、牛の頬肉の部分(「顔(ツラ)の身」ということですね)よく動かしている部位のため、歯ごたえがあり、味が濃厚です。脂も少し乗っているため、旨味も感じられるのが特徴です。

ゼラチンが豊富でタンパク質も多く含まれているため、美容やダイエットにオススメです。

牛のほっぺのお肉

ウマミしっかりツラミ😎

煮込み料理に使われることが多いように、長時間の煮込みに耐えられるので、それだけ旨味が凝縮されている部位です。煮込みじゃなくても、濃厚な味わいが楽しめます。

しっかりとした歯ごたえもあり、赤身肉にも劣らない旨味もあるので、新しい部位に挑戦したいけれど、あまり冒険はしたくないという方に特におススメです。

見かけたらチャレンジしてみよう!

オススメ!
「ツラミ」の美味しい食べ方

定番は煮込み!🍲

ツラミは、一般的に肉の切り方によっては筋ばっていて硬い部位ではあるので、フランス料理の定番でもある赤ワイン煮込みなど、煮込み料理と相性が良いです。

ゼラチンも豊富でコラーゲンも含まれているので、美容を気にする女性に特におすすめの食べ方です。

赤ワインでじっくり旨味を引き出して

ツラミは焼肉でも真価を発揮!🔥

堅いのなら焼肉にすると食べられない??と思った方、それは焼き方や肉の切り方の問題です。ツラミを焼肉で美味しく食べる方法は、2mm~3mm程度に薄くスライスし、両面サッと軽く火を通す程度で食べると、ツラミの美味しさが味わえます。

くれぐれも、火を通しすぎないように!肉そのものが筋ばっているため、焼き過ぎると固いスジ肉のようになってしまうので気をつけて。

さっと火を通して食感を愉しむ

「ツラミ刺し」を見つけたら、迷わず注文!🤩

元々筋ばっている部位なので、刺身で食べるとその肉の良し悪しがすぐにわかります。鮮度の高いツラミであれば、その筋ばった部分が逆に程よい舌触りと歯ごたえになり、同時に脂身がとろけ、非常に柔らかい後味が口の中に広がります。

当然、ツラミそのものの鮮度がよくないと、刺身も美味しくありません。希少部位なだけに鮮度の良い物を入手するのも大変なので、「ツラミを刺身で出しているお店は、良いお肉の仕入れができるお店!」という判断基準にもなります。

一度は味わいたいツラミ刺し