ツラミタンネックザブトン肩ロースリブロースサーロインランプイチボ前バラヒレシャトーブリアンシンタマ内モモテールウデミスジ
ツラミタンネック肩ロースザブトンリブロースサーロインランプイチボ前バラヒレシャトーブリアンシンタマ内モモテールウデミスジ

牛肉の部位
「前バラ」ってどんなお肉?

風味

あっさり
濃厚

脂質

少ない
多い

肉質

硬い
柔らかい

カロリー

低い
高い
0 kcal / 100g

1頭からほんの少ししか取れない希少部位!🙌

前バラは略称で「ブリスケ」と呼ばれることが多く、細かく分けると「ブリスケ」「三角バラ」「コウネ」に分かれます。

この中でも「三角バラ」は、前バラの中でも特上と言われている部位で、マグロの大トロと比較され、「肉の大トロ」と呼称される場合もあります。焼肉屋さんなどで、特上カルビとして提供されているのも、三角バラから提供されることが多いです。

「肉の大トロ」、三角バラ!

「カルビ」の語源🧐

前バラはいわゆる「カルビ」と呼ばれる部位のことを指しますが、正確には韓国語で「갈비뼈(カルビッピョ)」(あばら骨やその周囲の肉)という言葉が由来とされています。

韓国語のカルビは、モンゴル語で「下腹」を意味する「qarbing」が語源とされています。カルビという名称の多くは牛の前バラのことを指しますが、豚・鶏においても同じように呼称する場合もあります。

カルビの語源は韓国語の「カルビッピョ」

オススメ!
「前バラ」の美味しい食べ方

前バラの三角バラは焼肉が一番おいしい!🤤

前バラの中でも希少部位と言われる「三角バラ」は、カルビで言う「特上カルビ」として提供するところもある部位です。

かなり脂がのっているため、しゃぶしゃぶやすきやきよりも、網焼きにして脂を下に落としながら焼くのがオススメの食べ方です。焼き加減は、脂の多さを調整するため、ちょっと念入りめのミディアムがベスト。

肉そのものが濃厚な味わいなので、味付けはシンプルに塩ダレやワサビ醤油で頂くとバランスが良いです。

余分な脂を丁寧に落として焼肉で!

前バラはビーフシチューに最適な部位!🍲

脂がのっている部位の為、角切りや一口大に大きめにカットし煮込むことで、独特の旨味が引き出され、トロットロのお肉が口の中で溶けていきます。

前バラは、短時間の煮込みでも充分肉質は柔らかくなりますが、長時間煮込むことで柔らかさも旨味も倍増しますので、じっくり煮込んでみることをオススメします。

トロットロになるまで煮込んで!

アメリカンBBQのように豪快に丸焼きするのもあり!🔥

前バラのブロックは、BBQでは定番のお肉です。下味に塩コショウで味付けし、1時間以上漬け込みます。

グリルで肉全体に焼き色を付けてからアルミホイルで肉を被い、オーブンで30分程度、丸ごと豪快に焼き上げます。

まるごと豪快に焼いているので、見た目が「ザ・肉!」。見ただけで「これから肉を食うぞ!」という気分にさせてくれます。

ブロックの塊肉を豪快に焼き上げて!